基本食とはとてもシンプルで簡単♪です!

 

7号食 とは?:  玄米ごはんのみ。おかずなし

6号食   玄米ごはん+具沢山のお味噌汁+お漬物

5号食  :  6号食+野菜や魚のおかず1品

4号食  :  6号食+野菜や魚のおかず2品

 

↑★毎日最低1日1回は取り入れる基本食はここまで!

 

もちろん、3食こちらでもokです。

時にはお肉のおかずも是非!

 

以下、、

 

3号食  :6号食+おかず3品

2号食 6号食+おかず4品、

 

1号食、好きなものを好きなだけ食べる。

 

ここからの積み重ねが、不定愁訴、慢性病、現代病を引き起こしやすくさせると言われています。

4号食までの食事スタイルを日々の基本として取り入れることをお勧めしています。

 

そのぶん

 

外食は一切を気にせず、おもいっきり楽しみます! 

 

家でだって、時には好きな物食べて飲んで

楽しい時間を過ごすのも大切だと思っています。

 

食べすぎたな、、と感じたあくる日には、

甘酒や基本食で調整すれば大丈夫!

 

16日間の7号食は、ちゃんと自分で食をコントロールできる様

その習慣に慣れる為の準備でもあるのです。

(ハーフ7日間コースもございます)

 

 ◎雑穀米を加えましょう。

良質なたんぱく質にビタミンやミネラル、食物繊維もたっぷり含まれています。

 

 ◎お味噌汁は毎日食べましょう!

お味噌汁は「具沢山」が基本!

たっぷりのお野菜に、厚揚げやがんもどきなどの大豆製品や海草類など

モリモリ入れて頂きます。

 

ご飯やおかずを食べながら一緒に飲むより、食べた後に汁を飲むと更に消化によいそうです。

これは、食べ物を水分で流し込まない為と言われていますが、無理のない範囲で!

 

【消化に良い食べ方ポイント】

 

①  一口目は100回噛む。2口目からも最低30~50回。

 

②  日々の主食がパン食は控えましょう。

 

③  白米には雑穀を取り入れましょう。

 

④  朝、前夜の遅い時間に食事した、または食欲がない時などはお味噌汁のみ、または甘酒  のみでもOK.

 

⑤  副食やお味噌汁に大豆製品や海草を加えると良いです。

  (お腹にガスが溜まりやすい人は、納豆など発酵した大豆製品がお勧めです。)

 

 

 

 

毎日の基本食